【バドミントン】ドライブ・レシーブはほとんどバックハンドで返せます

バドミントン

ドライブ・レシーブはほとんどバックハンドで返球できるなど、 バドミントンにおいてバックハンドが上達の鍵になります。 本記事は「レシーブはほとんどバックハンドで返せます」という内容で解説します。

先日、下記のようなツイートをしました。かみ砕いて説明します。

ドライブ・レシーブはほとんどバックハンドで返せます。
フォアハンドで構えてると対応できる場所が少なすぎるからNG。
バックハンドでもフォア側ある程度返せるからバックハンドで構えるのが良い。
バックハンド上手くなることが成長への近道

初心者にありがちなこと

初心者にありがちな点は以下の通りです。

・フォアハンドで構える

・バックハンドが苦手

・ラケットを強く握る

フォアハンドで構える

入門者・初心者の方に多いです。フォアハンドのほうがカバーできる範囲がせまいため、バックハンドに飛んできたシャトルを返せません。

バックハンドが苦手

おそらくバドミントンはじめたばかりの人はフォアハンドが得意でバックハンドが苦手という人が多いのではないのでしょうか。たしかにラケット競技はフォアハンドでプレイしているイメージは強いですよね。ぼくがバドミントン教えるときはフォアハンドよりバックハンドを優先して教えています。

ラケットを強く握る

必死にラケットをギュッと握ってしまっているため、フォアハンド・バックハンドの切り替えが素早くできません。

上達するコツ:バックハンドを練習しよう

バックハンドを練習するのが上達のコツです。理由は「 バックハンドでドライブやレシーブはほとんど返せるから 」です。バックハンドの構えでフォア側にラケットを軽く振ってみてください。(時計の1時ぐらいの向き)。それほど手首に無理はないと思います。慣れると2時、3時ぐらいのところまではバックで取れます。

逆にフォアハンドのままバック側の球は関節の都合上ほとんど返せないと思います。バドミントンにおいてはフォアハンドよりバックハンドのほうが優秀です。

構えるときもバックハンドで

フォアハンドで構えている人が多いですが、バックハンドで構えるのが良いです。
上記でお話したとおりバックハンドのほうがカバーできる範囲が広く、ボディまわりの8~9割ぐらいはバックハンドで返球できると思います。

また、フォアハンドからバックハンドへの切り替えよりもバックハンドからフォアハンドへの切り替えのほうが素早くできるというのも理由の1つです。

まとめ:バックハンド最強

苦手だからといってフォアハンドばかり練習していても上達しません。
バックハンドを強化することがバドミントン上達の近道です。
普段からバックハンドを使うことを意識すること、手首を強化することも大切です。

おしまい。

タイトルとURLをコピーしました