おすすめのライフスポーツは何か【正解はバドミントンです】

バドミントン

おすすめのライフスポーツはバドミントンです。
ライフスポーツとしてあげられるスポーツはいくつかありますが、
その中でもぼくはバドミントンを推します。

おそらくこの記事を見ている人はこんな疑問があるのではないでしょうか。

スポーツをはじめたいんだけどなにがいいかな?

できれば歳をとってもできるスポーツがいいんだけど・・・

そもそもライフスポーツとは何か

調べてもあまりいい定義がなかったので自分なりに解説してみます。
ライフスポーツとは以下のようなものだと思っています。

人生においてかけがえのない運動を中年期になっても続けていけるスポーツ

ポイントは「スポーツ」「中年期でもできる」ですね。

これに該当するスポーツはいくつかあると思います。
推しのバドミントンもそうですし、
登山、水泳、卓球、ウォーキング、マラソン、ベースボールとかですね。

もし、自分にとって好きなスポーツがあるというのであれば、それを続けるのがいいです。
そうでなければ引き続き、読んでいただければと思います。

バドミントンがおすすめな理由

バドミントンがおすすめな理由をまとめました。

・適度な運動

・お金があまりかからない

・勝ち負けを気にしない

・手軽にはじめられる

・歳をとっても続けられる

1つずつ解説していきます。

適度な運動

これを見た方は「え?バドミントンって結構ハードじゃないの?」
って思った方もいるかもしれません。もしかしてシングルスを想像してませんか?

社会人でバドミントンを楽しんでる人のほとんどがダブルスをしています。
運動量もめちゃくちゃ激しいレベルではなく、寒くなってきてもいい汗をかける程度です。
なので適度という表現をしました。中年期の人でも1日4時間ぐらいやってるとか普通ですね。

お金があまりかからない

お金がかかるとそもそも続けられないですよね。
バドミントンは比較的お金がかからないスポーツだと思います。
服装は動ける服装があればOK。あとはラケットとシューズ・シャトルですね。
ものにもよりますが初心者からはじめるのであればシャトルとラケットで
1万円もかからないですね。シャトルは教室とかなら用意してもらえるケースが多いです。
体育館もみんなで割り勘や教室などだと2時間500円ぐらいの相場だと思うので
それほど高くはないかと思います。もしシャトルとか必要だったらリンクも見てください。

バドミントンのシャトルおすすめ【6選】

初心者用ラケットおすすめ 2選【バドミントン】

勝ち負けを気にしない

先程もお話したとおり、ダブルスですので1コート4人でわいわいプレイするイメージです。
勝ちにパートナーもじゃんけんとかクジとかで決めたりするので
勝ちに固執している人は少ないと思います。ライフスポーツで勝ちに固執したりすると
長く続かない原因にもなりますので、楽しくプレイできるのがバドミントンの良さだと思います。

手軽にはじめられる

市にはだいたい体育館があると思います。
市民であれば誰でも借りられると思うので簡単にできると思います。
教室とかサークルとかのグループに所属したい場合はインターネットや体育館の掲示板なんかを
見てみましょう。きっとそういうものがあると思います。
これから始める方は指導してくれる教室に参加するのがいいですね。
下記リンクも参考にしてください。

バドミントンの教室・サークルを探す方法をまとめました

歳をとっても続けられる

ぼくはいろんなところでバドミントンをしてきましたがやはり40~50代ぐらいの人が多いです。
高校生のバドミントンプレイヤーが急増したのはここ5年ぐらいじゃないですかね。。。

70代の人も何人か見たことがあります。本当に元気いっぱいでびっくりします。
こんな老後を過ごしてみたいですね。

まとめ

今回はライフスポーツでバドミントンがおすすめの理由を解説しました。
安い、手軽にはじめられる、歳をとっても続けられる点からやってみる価値はあると思います。
もし、今趣味がないとかスポーツはじめたいけど何がいいかなって思っている人は
バドミントンにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました