【2020年最新】バドミントンのシャトルおすすめ【6選】

バドミントン

バドミントンのシャトルおすすめを紹介します。
良くないシャトルを使うと
気持ちよくバドミントンができない、肩を痛めてしまう、などの問題があります。
かといって高いシャトルを買うのも勿体ないというのもあると思います。
今回はコスパがいいバドミントンのシャトルを紹介します。

シャトルの違いについて

Amazonや楽天などの通販サイト見るといろんなシャトルが売られてますよね。
素人の目にはどれも同じなように見えるかもしれません。

ですが、シャトルごとに飛び方が大きく異なります。
それもそのはず、シャトルの先端のコルクの材質、
羽根がアヒルを使われているか、ガチョウを使われているかなどシャトルによって様々です。
変なシャトルは購入しないようにしましょう。

また気温によって飛び方が違うのでシャトルには下図のような表記があります。
環境に適したものを購入するようにしましょう。

良くないシャトルを使うとどうなるか・・・

良くないシャトル、特に打球感の軽いシャトルは使うべきではないと思います。
このようなシャトルで無理にバドミントンをすると肩を痛める危険があります。
とりあえず一番安いシャトルを購入するということはしないほうがいいでしょう。

おすすめ【練習用】(2000~3000円/12こ)

まずは練習用のシャトルを紹介します。後述の試合用よりは安価なものになります。
学生の部活とかであまり費用をかけることができない方にはこちらがおすすめです。

【頑張らないバドミントン研究会】アウトレット

コスパ最強はこちらだと思います。6~7年ほど前はあまり見かけませんでしたが、
最近だとバドミントンやっている方ならだいたい知ってるブランドですよね。
筒が無地なのですが、質のいいものを低価格で販売してくれています。
色が少し違うとの理由ですが、あまり気になりません。ワケあり品というやつですね。おすすめです。

【YONEX】エアロセンサー300

我らがYONEXからこちらを推します。先程よりは少し高価になりますね。
メジャーブランドの1つですからハズレはないと思います。
これよりも安価なものだと飛び方がイマイチなのでこのあたりがいいと思います。

【GOSEN】ネオフェザー トパーズ 

GOSENからはこちらです。最近柄のデザインが新調されてかっこよくなりましたね。
価格面ではかなり安いんですが、少し脆いイメージがあります。
ハードな打ち合いをしないのであれば十分使えるシャトルだと思います。

おすすめ【練習試合用】 (3000~4000円/12こ)

ここからは練習試合用です。試合級とほとんど変わらない品質だと思うので
初心者~中級者の社会人の方々におすすめします。

【頑張らないバドミントン研究会】 秘密の無印シャトル

先程のアウトレットのシャトルの1グレードが上のものになります。
こちらも訳あり品のようですが、試合のときに利用するシャトルに近い品質だと思います。
練習試合の中ではこちらがコスパ最強だと思います。

【YONEX】エアロセンサ600

こちらも練習級で推したものより1つグレードが上のものになります。
打球感はほとんど試合級のものと差異はないと思います。
メジャーブランドにこだわるのであればこちらがおすすめです。

【GOSEN】ネオフェザーエメラルド

GOSENだと練習試合でこれをよく見かけますね。
練習級でよく使うものの中では一番好きです。第2種検定級ともあり少し高価なので
予算に余裕があればこちらもいいかも知れません。

【まとめ】

まとめます。いかがだったでしょうか。
今回はコスパのいいシャトルを集めてみました。
とりあえず1本購入してみて、しっくりくるものを選ぶのがいいと思います。
シャトルは消耗品ですので、厳選したものを長く使い続けるのが良いかもしれません。
ではでは、良きバドミントンライフを・・・!!

タイトルとURLをコピーしました