WIーFi6とは?超高速で通信できる次世代無線通信の規格です。

PC・周辺機器

Web会議やYOUTUBEなどの動画コンテンツ・ゲームなどで
高速な通信環境がほしいと感じる方もいるのではないでしょうか!

今回は最近よく耳にする「Wi-Fi6」について解説します。

ざっくりいうと

超高速通信できるWi-Fiの規格です。
家庭用ルーターに「Wi-Fi6」という記載があるのが目印ですね。

Wi-Fi6の6は世代を表しますが、現状これが最新のものになります。
古いものが新しいものより優れているのはなんとなくイメージできると思います。

では何がいいかというと

・通信速度が大きい

これに限ります。

そこそこリーズナブルなので新しく家庭用ルーターの購入を検討している場合は
これを選ばない理由はないと思います!

これぐらいわかっていれば「Wi-Fi6」については大丈夫です。

詳しく知りたい方ようにもう少し語ります。

IEEE 802.11axとの違いは?

昔のWi-FIルーターだと「IEEE 802.11ac」みたいな記載の
イメージが強いのではないでしょうか。

実は「Wi-Fi6」と「IEEE 802.11ax」は同じものを指します。
前までは「IEEE~」みたいな記載方法が標準だったのですが、
いつの間にか「Wi-Fi6」みたいなものが主流になりましたね。
わかりやすさを重視したのでしょうか。

対応表は次の通りです。

Wi-Fi規格新名称周波数最大通信速度
IEEE 802.11a5GHz 帯54Mbps
IEEE 802.11b2.4GHz 帯11Mbps
IEEE 802.11g2.4GHz 帯54Mbps
IEEE 802.11nWi-Fi 42.4GHz 帯
5GHz 帯
600Mbps
IEEE 802.11acWi-Fi 55GHz 帯6.9Gbps
IEEE 802.11axWi-Fi 62.4GHz 帯
5GHz 帯
9.6Gbps

おわりに

今回は「Wi-Fi6」について解説しました。
昔はWi-Fiは低速というイメージがありましたが、かなり進化してきますね。

近年インターネットの利用が大幅に増加している
このご時世にはピッタリだと思います。

Wi-Fiルーターを5~10年ぐらい使い続けている人は、
ぜひ買い替えを検討してみてはいかがでしょうか!

Wi-Fiルーターおすすめ4選【Wi-Fi6対応が最強です】

タイトルとURLをコピーしました